睡眠の質は「深さ」で決まる!

平昌オリンピック、今日から始まりましたね!

スケートやジャンプ、クロスカントリーにスノーボード・・・

日本選手団の最高のパフォーマンスが楽しみでなりません♪

 

期待を背負っているトップアスリートたちですが、運動と食事と同じくらい「睡眠」も大切にしています。

睡眠を制限するとパフォーマンスも落ち、やる気や集中力はもちろん、

タイムや飛距離などの記録にも影響するとなると、やはり睡眠も重要なミッションですね。

2012年のデータですが、オリンピックアスリート110名を調査したところ、平均睡眠時間は8時間4分!

思っていた以上に長いんですね~~~( ゚Д゚)

 

また、最近は「睡眠の質」という言葉をよく聞くようになりましたが

「質」とは、どれだけ熟睡することが出来たかという「睡眠の深さ」のことを示します。

私たちは「深い眠り=ノンレム睡眠」「浅い眠り=レム睡眠」という2つのリズムを睡眠中に繰り返していますが、

中でも入眠後90分~180分の第1回目のノンレム睡眠時が最も大事で、

この時間に私たちは体を調整するために様々なホルモンを分泌し、日中受けたストレスを消去しています。

(もちろん2回目、3回目のノンレム睡眠時も大切ですが、中でも重要なのが1回目)

こんな感じで、深い眠りと浅い眠りを繰り返しています。

ですが、家事に仕事に忙しい女性はなかなかゆっくりと眠れないのも事実。

せめて6時間半~7時間眠ってほしいところですが、睡眠時間が短い方でも熟睡感を得られやすいコツがあります!

 

それは・・・

「カラダとココロの緊張を解すこと」と「カラダを温めること」。

★カラダの緊張=筋肉のコリをほぐす、肩こりや眼の疲れをそのままにしないこと

★ココロの緊張=リラックスをすること

★カラダを温める=軽い体操などで末端まで血液循環を促す、冷えを放置しないこと

 

イライラが続くと自律神経のバランスも崩れ、カラダも冷えてきて悪循環。

確かにそういう時ってやたら目が冴えて眠れませんよね~(T_T)

そんな時こそ、入浴・ストレッチ・趣味・娯楽・・・なんでもいいので

自分が「リラックスしてるなー」と感じることを取り入れてみて下さい。

1杯のお茶でもいいし、ヒーリング音楽やアロマもいいですよね。

中でも最強のリラクゼーションは「深呼吸」。これについては次回またお話ししますね!

 

寒い日が続くと眠れない方も増えるんですよー。暖かくして、ノンビリする時間を作ってくださいね♪