10秒深呼吸で緊張リセット

今日は羽生選手のショートプログラムを見ましたが、彼の精神力、集中力の強さには圧倒されますね~~。

あれだけ注目された中でも緊張している様子もなく、4回転もサラッと跳んで魅せる・・・。

見えない努力をたくさん行ってそう見せているのかもしれませんが、それにしても「メンタルの強さ」も金メダル級ですよね。

明日のフリーもさらに応援したいです!

 

羽生選手ほどではないにしても、私たちも何かしらストレスを感じて生きています。

そのストレスはカラダの柔軟性を奪い、ココロの緊張を増大させます(T_T)

夜になっても眠れない大きな原因ですよね・・・。

 

そこで!ぜひ活用してほしいのが10秒でできる腹式呼吸の「深呼吸」です。

深呼吸は心身の緊張を緩め、リラックスし、眠りやすい状態になります。

【10秒呼吸法】

①全身のチカラを抜く。

②10秒数えるうち「1~3」は鼻から吸う。「4」で一度息を止め、「5~10」で口から吐く。これを5~10回繰り返します。

③吸うときにお腹がふくらみ、吐くときに引っ込むのが腹式呼吸です。

吐くときにリラックス神経の副交感神経が優位になるので、吸うより吐く方に意識を向けてみてください。

 

たった、これだけ。簡単ですよね。

何度か自分の呼吸のペースで行うとカラダも温まり、緩んでいくのがわかります。

まだまだ寒い日が続くので、硬くなったカラダとココロを緩めてくださいね!