ベースメイクの直し方・3ステップ

気持ちの良いお天気となりました!

先程オープン前の時間を使って、みっちり60分ジムで汗を流してきたのでより爽快です♪

終わった後は汗をかいて顔も赤くなってますが、私の場合、ファンデーションは使わずおしろいだけなのでメイク直しは結構カンタンです(^^)v

ただ、これから夏に向かって気温も上がると「メイク崩れ」ってかなり気になりますよね~(;’∀’)

 

今日は汗をかいた後のベースメイク直しについてご紹介します。皆さんよくやっていますが

①アブラ取り紙を何枚も使って皮脂を取る ②ファンデはくずれた場所、特に毛穴が気になる小鼻や額から直す

というのが定番の直し方でしょうか?

私も以前は同じようにしていましたが、直したつもりでも余計に肌があれたように見えませんか?

これだと余計に乾燥してかえって毛穴や小じわが目立ち、厚塗りに見えるんですよね(;’∀’)

 

正しいメイク直しは

①ティッシュで軽く押さえて汗・皮脂を取る

アブラ取り紙は必要な皮脂まで吸収し乾燥の原因にもなります。

ティッシュで拭かずに押さえるようにするときれいに取れますよ。

ティッシュも花粉症の方がよく使う柔らかいのがおススメ。

②化粧水や日焼け止めなどを付ける

スプレータイプがカンタン!乾燥する方は部分的に薄く美容液を付けるのもいいかもしれません。

(もっと丁寧に直したい場合は面倒でも一度取ってしまった方がいいのですが・・・)

炭酸効果で引き締めながら潤うスプレー 1620円

③パウダーファンデーションを「パフ・ブラシ」でつける

私のおススメはおしろい用のパフかブラシで直すこと。

スポンジよりも軽くつくし、テクニックなしでもきれいにつきます。

そして面積の広い頬から直し、一番気になる小鼻は最後に直してください!

毛穴が気になるからと小鼻から直す方も多いのですが、厚塗り感が増し余計に目立ってきます。

Uゾーン(頬、あご)は普通~しっかりめに、Tゾーン(額、鼻)は薄めにが鉄則です。

 

当たり前ですがスポンジもパフも汚れているときれいにつかないので、こまめに洗いましょう!

「コロッケ」みたいなスポンジはダメですよ~~(T_T)

コンシーラーを使用する場合は先にコンシーラーを指先または綿棒にほんのちょっとだけ取って

お肌にトントンと乗せていきます。その後にパウダーファンデ、またはおしろいを。

パフを滑らせるようになじませます

ベースメイク直しは「厚塗り」しないのが一番のポイントです。

今週末は25℃も超えるような暑い日となりそうですが、サラッと快適肌でいたいですね♪

【LINE@始めました!】登録カンタン♪情報マンタン♪よろしくお願いします♪

①のQRコードを読み込むか「友達追加ボタン」でサロンのLINE@ページへ

②「追加」ボタンをクリックで登録

③画面左下にキーボードのようなマークがあるので、そちらをクリックしお名前を入力して送信してください。

こちらは1:1の設定を行っておりますので他の方からは見ることが出来ません。ご安心ください!

②で終了の場合、当店ではどなたと繋がったかがわからないので・・・(;’∀’)よろしくお願いします!

ご予約やお問い合わせなどにご活用くださいね!

友だち追加

エステティックサロンJEWEL。

岡山市南区福富西3-7-40三宅ビル201

086-239-4184