手VSコットン 化粧水の付け方問題

お客さまとお話ししていてよく聞かれるのが

「化粧水って手でつけるのがいいの?コットンでつけるのがいいの?」という質問。

今日はこちらにお答えしたいと思います!

 

ぶっちゃけ私の答えは・・・「どっちもいーよ!」です(笑)

ただ、それぞれに良い点、残念な点があるので、それを踏まえたうえで使い分けていただけたいと思っています。

まず手でつける場合。

【手でつける場合の良い点】

手のひらの温かさがあるので、刺激が少ない

また、温かさにより浸透しやすい

しっとり、もっちり感がある

重ねつけしやすい

・・・ということで、特に敏感な方は写真のように手の平で押し込むのが一番刺激にならずに良いかと思います。

【手でつける場合の残念な点】

衛生面

こぼれやすい、適量がわかりにくい

顔の凹凸に沿ってまんべんなくつけるには難しい

・・・という点が挙げられます。

汚れた手でつけているわけではないと思いますが、直接つけるとなると気になる方もいるかもしれませんね。

また、バシャバシャとつけると小鼻や口の周りなどは意外となじんでなくて、乾燥しやすかったりもします。

あ、よく「手が吸収する」と言いますが顔に比べて手の平は角質が厚いので思っているほどサーーッと吸収するということはありません。

 

そしてコットンの場合

【コットンでつける場合の良い点】

清潔に使える

首まで使える

凹凸に沿ってまんべんなく丁寧に付けられる

パッティングすることでさっぱり感がある

やはり衛生面でのメリットは大きいですね。また、パッティングの気持ち良さは手ではなかなか難しいところ。

特にこれから暑くなるとパッティングで表面温度が下がるので欠かせません。

【コットンでつける場合の残念な点】

パッティングや拭き取りのチカラが強いと刺激になる

コットンによっては毛羽立ちがあり、繊維が肌に残りやすい

残った化粧水がもったいない

・・・など、コットンでつけるには少しテクニックも必要なのかなと思います。

よく市販されているサイドが縫ってあるコットンは痛い!そして吸収が悪い!なんてこともよく聞きます。

 

こう見ると甲乙つけがたい感じですが、私の場合「朝はコットン、夜は手」です。

上記のとおり、どちらにも良い面・残念な点がありますが、良い点だけを強調したらこうなりました。

 

朝はスキンケアの後にメイクもしますよね。これからの時期は体温や汗の影響でほてりを感じやすくメイクの崩れも気になります。

ですので、朝はサッパリとした肌に整えるコットンでたっぷり水分補給を♪

音がするほどの刺激の強いパッティングではお肌に負担がかかるので、優しく行ってください!

また、拭き取ると力が入りやすくなるので注意。私は弱めのパッティングでしています。

そして夜は、温かさによるリラックス効果もある手の平使いで、押し込むようにしてなじませてください。

おススメは2~3度に分けて行うこと。1度に細かい部分までつけるのは難しいと思います。

目の周り、小鼻などもしっかりと♪

もちろん化粧水の種類やお肌によって多少違ってきます。

年中乾燥する方や敏感な方は朝晩手の平のほうがおススメですし

小鼻のテカりがとにかく気になる方にはTゾーンだけコットン使い・・・というのもおススメです。

どちらにしても、少ない量ではうるおいが足りずお肌に負担がかかるので、たっぷりつけることはお忘れなく★

 

【LINE@始めました!】登録カンタン♪情報マンタン♪よろしくお願いします♪

①のQRコードを読み込むか「友達追加ボタン」でサロンのLINE@ページへ

②「追加」ボタンをクリックで登録

③画面左下にキーボードのようなマークがあるので、そちらをクリックしお名前を入力して送信してください。

こちらは1:1の設定を行っておりますので他の方からは見ることが出来ません。ご安心ください!

②で終了の場合、当店ではどなたと繋がったかがわからないので・・・(;’∀’)よろしくお願いします!

ご予約やお問い合わせなどにご活用くださいね!

友だち追加

エステティックサロンJEWEL。

岡山市南区福富西3-7-40三宅ビル201

086-239-4184