お酒と睡眠の関係

連休2日目もいいお天気に恵まれましたね!

お客様の中でもバーベキューや釣りに行かれる方もいて楽しそうです♪

その中でも「お酒」の話で盛り上がったので今日はその話を。

私は普段からまったく飲まない(というか、飲めない)ので缶チューハイを2~3口ですぐ眠気がくるタイプ。

たしなみ程度のお酒を美味しいと思える程度にはなってもいいよなぁとは思うのですが・・・。

ビールだめ、ワインダメ、日本酒ダメってちょっともったいない気もしています。

飲めるもんなら飲みたいぞ!(笑)

さて、お酒を飲むと眠気が・・・と書きましたが、お酒を大量に飲んだ時の睡眠の質は決して良いものではありません。

ちなみに寝る前に飲む「寝酒」をする習慣がある人って、日本人には多いようで世界の平均を大きく上回っているそうです(;’∀’)

もしかして不眠のために飲む人が多いということでしょうか・・・だとしたらとても悲しい結果ですよね。

 

飲酒するとぐっすりと眠れない理由はご存知ですか?

睡眠は脳と体を休ませる時間帯ですが、アルコールを分解するまでに3時間かかるので

飲酒することによって肝臓を始め内臓は常に働かなくてはなりません。

体が休みたいのに休めない状態になっていて、内臓の疲れが抜けにくいからなんですねーー。

また、夜中に何度もトイレに行ったりして寝付けないこともあるかと思います。

これもまた普段ならオシッコを作らないようにホルモンが働くのですが

飲酒をすることによっていつも以上に水分が溜まるうえ、アルコールがホルモンの働きを阻害するので

トイレが近くなる・・・ということになります。

また、お肌にも大きな影響があります。

アルコールには糖分が多い→血中の中性脂肪が増える→皮脂分泌を活性化させる→ニキビの原因に、

アルコールの利尿作用→軽い脱水症状→ムクミや乾燥肌の原因に・・・。

その他にも、目の下のクマ、ハリのなさ、シワなど老化を促進させてしまうことも(>_<)

 

肝臓やお肌にかかる負担を考えたらやっぱり「適量」って必要なんですねぇ。

【気分がさわやか&陽気になる適量の目安】
ビール・・・350ml缶 2本程度
ワイン・・・1/3程度
日本酒・・・1合程度
焼酎・・・0.6合程度
ウイスキー・・・シングル2杯程度

適量を知り、寝る時間の3時間前には飲酒をやめること。

空腹で飲まない、お水を飲みながら飲む、飲んだ後には緑茶を(胃の粘膜を保護しアルコールの吸収を遅らせる)・・・など

ひと工夫することをお忘れなく!

楽しい連休、たまには羽目を外すのも楽しいですが、ホドホドにして下さいね~(≧▽≦)

 

【LINE@始めました!】登録カンタン♪情報マンタン♪よろしくお願いします♪

①のQRコードを読み込むか「友達追加ボタン」でサロンのLINE@ページへ

②「追加」ボタンをクリックで登録

③画面左下にキーボードのようなマークがあるので、そちらをクリックしお名前を入力して送信してください。

こちらは1:1の設定を行っておりますので他の方からは見ることが出来ません。ご安心ください!

②で終了の場合、当店ではどなたと繋がったかがわからないので・・・(;’∀’)よろしくお願いします!

ご予約やお問い合わせなどにご活用くださいね!

友だち追加

エステティックサロンJEWEL。

岡山市南区福富西3-7-40三宅ビル201

086-239-4184